特別版『おてがみやさん』


~ わたしとおてがみ ~


おおはらなっつさんとはつねちゃん(2歳)と一緒に、お手紙のいろイロを楽しむユニット『おてがみやさん』を結成。今回はおふたりにご協力いただいて、「わたしとおてがみ」というテーマで書き綴ります。

ーーー

おおはらなっつさんの場合

はつねちゃん

おてがみ好きになったきっかけ、それは小学生時代の引越・転校かもしれません。残念ながら途切れてしまいましたが、小学3年生から大学卒業の頃まで手紙のやり取りを続けた友達がいました。その友達に出すために、たくさんのレターセットやシールを集めていたなぁ。いまだに名残で子どもっぽいコレクションが手元にあったりします。名古屋のちえちゃん、今どうしてるだろう。


20代の頃、しばらく単身、石垣島で生活していました。まだ写真も送れないガラケーを使っていたと思います(年齢がバレますね)。実家や親しい友達に近況を知らせるべく、コンビニのカラーコピー機に写真を並べ、余白に現地レポートやメッセージを添えてお便りしていたことも。沖縄の切手も集めていました。紅型のシーサーが描かれたふるさと切手「沖縄の織と染」は今もお気に入り第一位。


何人かお手紙交換していた友達がいます。お互いに忙しくなって、今はメールやSNSでのやりとりになったり、年賀状だけだったり。でも、郵便受けに届いた宛名やわくわくしながら開いた手紙の文字が、今もはっきりとまぶたに浮かび、やさしい時間の思い出です。


旅先からなら・・・連絡をとるきっかけがなかったご無沙汰してしまっている友達にも、何から書いたら良いかな~なんて思わず、「今、〇〇に来ています!」と気軽にお便りできる気がします。そして、普段おてがみを書く機会のない身近過ぎる友達や家族にでも、ちょっと特別な気分でお便りしても良いなと思うのです。だから、私の旅のお供には便せん・封筒・葉書・切手・住所録が欠かせません。


2歳の娘にもおてがみを出す楽しさを知ってほしくて、お友達やじぃじばぁばへ、旅先から葉書を出し始めました。まだまだぐちゃぐちゃの落書きだけですが、郵便ポストに入れることが楽しいようです・・・

ーーー

小森利絵の場合

ちえ

レターセットや絵葉書、季節の切手を見つけるたび、「誰に書こうかな?」「あの人は元気にしているかな?」などアレコレ想像してはトキメク・・・自称・お手紙オトメです。

文通デビューは小学1年生の時。転校をきっかけに幼なじみとお手紙をやりとりするようになりました。その後、学校内で友だちとお手紙交換したり、お世話になった先生が転勤すると聞けば住所を聞いてお手紙アタックしたり。

中学生になると、雑誌で文通相手探しを。行ったことのない町の、会ったことのない人・・・「どんな人だろう?」とドキドキわくわくしながら、お手紙を書きました。郵便受けを見るのが楽しみになり、しばらくお手紙が来ないと「元気かな?」「何かあったのかな?」と、ほんのり心配になることも。

当時の私にとって世界は「家と学校だけ」でした。その中で私は、他人から嫌われないこと・認められることに必死で、息苦しかった。でも、お手紙を通して、年齢も、人生も、価値観も、今の状況も、まったく異なる、さまざまな人とやりとりをして、「こんな人も、あんな人もいる。こんなことやあんなことも思う。いろいろなんだー」と思えたことで、少しずつ世界が広がっていきました。

「この広い空の下。今いるココがすべてではないんだー」という心強さや可能性を感じて、ココロがラクになったように思います。

最近は知っている人とのやりとりがほとんどです。お手紙を書くたび、「元気にしているかなあ?」と相手に思いを馳せ、その人との出会いやこれまでのことを思い出します。そして、こうして出会い・つながっていることに感謝して、「また会いたいなあ」という気持ちが膨らんで、幸せな気持ちになるんです。

【おてみが一口メモ】
幼なじみとの文通は、現在も継続中! もう26年ほどになります。

インターネット上で知り合って、それから文通がスタート。
10年ものやりとりを経て、実際にお会いした人もいます。

過去のお手紙を読み返すと、また新たなメッセージが響いてくることがあります。
それだけ、私も人生経験を重ねたということなのかなと思ったりします。

娘とお手紙を書き合いっこ。
部屋の片づけをしていて、以前に書き合ったお手紙を見つけることがあります。
当時を思い出しながら読み返す時間もまた、いとおしい。

以前、こんなことを書きました。
「また、ここから、はじまる・はじめる」きっかけに、お手紙を。

<『えんを描く』16通目>

ーーー

フリーペーパー『えんを描く』とは?

日々、さまざまなニュースを見ながら、辛くなったり苦しくなったり。なんで、こんなことが起こるんだろうと思うことがあります。この現実を変えるほどのことは自分にはできないけれど、たとえば「近所の人にあいさつをする」「小学生と話をして顔見知りになる」、そんな日常のささやかなことでもつながっていくのではないかなと思いました。

近所の人に挨拶を続けていたら、ひとり暮らしのおじいさんから「あんたが笑顔で挨拶してくれるだけで嬉しいわ」とお寿司をもらったり、おばあさんから「家の電灯を一人では交換できへんから手伝ってくれへん?」と頼まれたりしたことも。私もそう、おなかに娘がいる時に、道でばったり会った知らないおばちゃんから声をかけられて励まされたし、救われたこともありました。

一人ひとりが、目の前にいる人にそうしていったら、世界はどうなるでしょう。そんなことを考えながら、小学3年生の娘と一緒につくっています。

小森利絵+ちえ(小学3年生)
loopdraw@yahoo.co.jp

【おてがみぃと】ちょっぴり早めの“おてがみ”クリスマス会


誰かに向けて、お手紙を書く時間は、相手を想うと同時に、自分を想うことにもつながります。他の誰でもない、「わたし」が主語で、相手に向けて書きつづる文章だから。

お手紙を書くことで、「わたし」が今、感じたり思ったり考えたりしていることを思い出して。誰かと一緒に書くことで、さらなるコミュニケーションを楽しみたい!

そんな想いから『おてがみぃと』をはじめました。


手紙の書き方講座ではありません。時々、集まって、おしゃべりしたり、お手紙を書きたくなる+αを楽しんだりして、お手紙を書く時間を楽しむ会です。

基本は前半と後半の2部構成になっています。

前半/公園で1時間ほどさんぽをします。景色を見て気づいたり感じたり思ったりしたことを自由におしゃべり。自分ならではの季節のあいさつ文を見つけます。

後半/カフェでお手紙を書きます。飲み物やおやつをいただきながら、思い思いのお手紙時間を過ごします。

―――――

第12回目を2017年12月2日(土)に開催しました。

まずは尼崎・武庫之荘にある大井戸公園でおさんぽ。ちゃいろ、きいろ、あか・・・と色づく木の葉に「秋だなあ」とときめく一方、葉が落ちて枝の美しさが際立つ木、緑が深く濃くなっている木の葉を見ると「もう冬なんだなあ」とも。秋から冬へと移り変わっていく、そんな気配を感じました。

おばあちゃんと幼稚園児くらいの男の子が落ち葉を踏みしめて、カサカサカサ、パリパサパリ・・・音を楽しむ姿にもほっこり。大井戸公園は阪急武庫之荘駅近くの街中の公園なのですが、鳥のさえずる声もたくさん聴こえました。



今回のおさんぽで見つけたもの


今回は「あしもと」ではなく、
上を向いていました。

いろんな色、いろんな形の、無数の葉っぱ。
眺めていると、
まるで星空を見上げているような気分に。
特に、もみじの形が星に見えたんです。

子どもの頃、高知の山奥で見た
天の川を思い出します。






「わあぁっ」と、
自分の中で世界が広がっていく感じ。

1枚の葉っぱをじっくり見てみると、
ミドリから、じわじわっと、アカへ。
この自然ならではの色、
「かっこいいなあ」と思います。


こちらはラクウショウ(スギ科)。


5月に見かけた時(左)は、
明るい緑色の羽根のような葉でした。

9月(右)には、
緑が深くなって、茶色が混じり、渋みを増していました。

12月(上)には、まるで燃え盛る炎のよう。
木の実も大きく、くるみのようでした。

1年を通して、こんなふうに成長するんだなって。


薔薇も咲いていました。
凛とする、空気の中で、
きりっと咲き誇っています。

『スブニール ドゥ アンネ フランク』、
『アンネの日記』のアンネの名前がついた薔薇です。



この後、『カフェぷろぽ』に行きました。お手紙を書く前に、おやつタイム! ブレンドコーヒーとふわっふわのチョコレートシフォンケーキをいただきながら、ほっと。

私が座った窓際の席からは、阪急電車が見えます。ホームを通過していく電車や乗り降りする人たちの姿をぼんやり眺める時間も、いいものです。


今回は「ちょっぴり早めの“おてがみ”クリスマス会」として、「贈り物はお手紙」のクリスマス会を・・・と思っていたのですが、参加者が私だけだったので、「返事を書こう」と思い続けて数ヵ月が経ってしまったあの人やその人にお手紙を。もうすぐクリスマスだから、贈り物風のお手紙に仕上げてみました。

手芸屋さんで見つけたクリスマスモチーフをリボンで結んでいます。この写真にあるツリー、靴下、星のほかに、スティックやハート、雪などもあります。

つくる中で、「モチーフをフェルトでつくってもいいなあ」「小さいガーランドで飾るのもいいかもしれない」と、アイデアがむくむくと湧いてきます。


これからクリスマスに向けて、さらに、あの人やその人にも書こうと思っています。

郵便受けで見つけた時、喜んでもらえたらいいなあと。贈る私も、ドキドキわくわくしながら♪ クリスマスを迎えます。

―――――

<とっておき!>

『グリーティング(ライフ・花)』。レースのデザインで、上品なあいらしさがあります。


シールタイプの切手なので、ビニール封筒にも貼れるので便利です。



―――――

次回開催日時が決まり次第、WEBサイト『関西ウーマン』『おてがみぃと』フェイスブックページでお知らせします。

【おてがみ部】夢ロゴ年賀状づくり


夢ロゴアートインストラクターの岡部智美さんによる『あまぴっとで夢ロゴ年賀状づくり』、11月8日に参加しました。


カラー筆ペンで1つの点を書いて、その上に水筆を置くと、水でほわわ~んと、えんが広がる。自分ではコントロールできない広がりに、「こうしてみたら?」「ああしてみたら?」と好奇心をくすぐられて、どんどん、どんどん筆が進み・・・「おぉ!こうなるんだ!」「今度はこうなった!」とときめきの連続でした。「簡単だけど奥が深い」。夢ロゴアートの紹介文にある一言、まさにその通り!


名前アートは岡部さんが描いてくださった、文字のデザインが素敵な一枚。


◎おてがみ部
不定期に集まって、ゆるゆるとお手紙を書く集まり
http://www7b.biglobe.ne.jp/~loopdraw/otegami/

【おてがみスポット】STÁLOGY LABORATORY TOKYO


1年後の、誰かに、お手紙。「未来レター」サービスを提供する、東京都・代官山にある文房具店『STÁLOGY LABORATORY TOKYO』。粘着応用製品『ニトムズ』のテクノロジー×『good design company』水野学氏のアートディレクションによる文房具ブランド『STÁLOGY(スタロジー)』のアンテナショップです。

写真の白い郵便ポストのオブジェが目印。商品を購入すると、「未来レター」を1通送付できます。私は1年後の娘に向けて、お手紙を。


これまで『おてがみぃと』では、1年後の自分に向けてお手紙を書いてきましたが、1年後の「誰か」に向けてのお手紙も、ドキドキ、うきうきするもの。娘自身の、ふたりの関係性の、1年後をほんのり想像しながらのひとときを過ごしました。

◎STÁLOGY LABORATORY TOKYO
http://stalogy.com/shop/

【おてがみぃと】わたしの「ああ、秋だなあ」を添えたお手紙を書こう!


誰かに向けて、お手紙を書く時間は、相手を想うと同時に、自分を想うことにもつながります。他の誰でもない、「わたし」が主語で、相手に向けて書きつづる文章だから。

お手紙を書くことで、「わたし」が今、感じたり思ったり考えたりしていることを思い出して。誰かと一緒に書くことで、さらなるコミュニケーションを楽しみたい!

そんな想いから『おてがみぃと』をはじめました。


手紙の書き方講座ではありません。時々、集まって、おしゃべりしたり、お手紙を書きたくなる+αを楽しんだりして、お手紙を書く時間を楽しむ会です。

基本は前半と後半の2部構成になっています。

前半/公園で1時間ほどさんぽをします。景色を見て気づいたり感じたり思ったりしたことを自由におしゃべり。自分ならではの季節のあいさつ文を見つけます。

後半/カフェでお手紙を書きます。飲み物やおやつをいただきながら、思い思いのお手紙時間を過ごします。

―――――

第11回目を2017年9月24日(火)に開催しました。

まずは尼崎・武庫之荘にある『大井戸公園』でおさんぽ。お手紙を書く前に季節さんぽをはじめて、まもなく1年になります。

◎ これまでのキロク ◎


秋冬春夏・・・季節を積み重ねると、「ああ、この木はこんな花を咲かせるのか」「秋には葉が一つもなかったこの木は、秋前に葉が落ちてしまうんだなあ」などの発見があります。

さて、今回は秋の気配を探しに行きました。5月に訪れた時も、いろんな“みどり”があるなあと思いましたが、夏から秋へ向かう中で、さらに深みを帯びて。深い深い緑に紛れて、黄や紅に色づく葉を見かけました。






今回のおさんぽで見つけた
「ああ、秋だなあ」

5月に見かけた時は、
明るい緑色の羽根のような葉を付けていた
ラクウショウ(スギ科)。
木の実がなっていて、その中央付近にあるポチポチが
まるでゴールドのように見えました。

5月はこんな感じ↓


それが今回はこんな感じ↓


緑がぐっと深まって、茶色の葉が混ざっていました。
木の実もこんなに大きく。

葉の色づき方もさまざまのようで。
フチから↓


まんなかから↓


虫食いのたくさんの穴。
「生きているんだなあ」と
実際の虫は見かけませんでしたが、
息遣いを感じました。


秋にも紫陽花が咲くんだって、びっくり。
6月、梅雨のイメージでした。


枯れる紫陽花。


一方で、この紫陽花。
どんどん新しい葉が生えてきています。


彼岸花。
あれ、こんなところに・・・
夏にはそんな気配を感じなかったのに、
というところに咲いています。


薔薇もいくつか、咲いていました。
可憐な美しさ。



コスモスも。


丸みがあって、どこか猫の顔の形に見える?
かわいい葉っぱ。



この後、『カフェぷろぽ』へ。お手紙を書く前に、おやつタイム!


9月末とはいえ、おさんぽ後は汗をかいたので、アイスのカフェオーレを♪

今回のレターセットはこちら。『ペーパーミント』というお店で一目ぼれしたイラストレーターの米津祐介さんによるもの。


そして!拾った落ち葉もお手紙アイテムに。


娘は葉っぱをウサギに見立てて、お手紙に貼っていました。


私は、はじめてお手紙をやりとりするあの人へお返事を。そして、郵便交換日記を。それぞれの人に向けて、心の中でたくさんおしゃべりしてきたこと・・・「お元気ですか?」「お手紙、嬉しかったです」「お手紙を読んで、こんなことやあんなことを思っていました」などを書き出します。

私にとって『おてがみぃと』は、日常の中の大切な“おてがみじかん”になっています。今回もいい時間を過ごせました。

―――――

<とっておき!>

『かほりふみの友 秋桜』(株式会社大直)。みなさんは文香をご存知ですか? 「文」はお手紙、「香」はお香、お手紙に添えるお香です。香りの贈り物ですね。


お手紙の封を開けると、ふわっと香ります。香りだけではなく、こんなに愛らしい見た目なら、さらにときめきますね。

―――――

次回は2017年12月に開催予定です。WEBサイト『関西ウーマン』『おてがみぃと』フェイスブックページでお知らせします。

【ときめく、お手紙のアレコレ】『おたよりあつめ』


あまがさきキューズモールの文具店『Stationery Market +』で見つけた『おたよりあつめ』。古川紙工株式会社によるお手紙アイテムの福袋です。何が入っているのか、ドキドキわくわく。


開けてみると!



レターセット、箱入りの便せん、ポチ袋、シールなど11点ものお手紙アイテムが入っていました。しかも、どれもかわいい。この内容と、ドキドキわくわく感付きで1000円(税別)。

◎古川紙工株式会社
http://www.furukawashiko.com/