21通目

今回の折り方は娘考案。名付けて「新幹線? 小さい屋根のほうがかわいいかな」折り

こんにちは。お元気ですか?
どんな毎日をお過ごしでしょうか。

私も、娘も、元気にしています。

フリーペーパー専門店「只本屋」山田毅さんのインタビュー記事(美大生の総合情報メディア「PARTNER」掲載)をたまたま読んでいたら、その中に「えんを描く」のことも! 「ひゃあー。嬉しい」という気持ちで、今書いています。

毎年10月になると、「えんを描く」をつくり始めて何年経つかなあと考えます。2010年10月からなので、今年で丸8年。3歳だった娘は、11歳になりました。

そもそもフリーペーパーをつくろうと思ったきっかけは、16年ほど前、私が大学生だった頃にさかのぼります。当時、大阪・北堀江にあった雑貨店&カフェ「クルール」(現在は天六・浮田)で、「青色吐息」「FP」というフリーペーパーを、店主さんからすすめられて手にしました。

白黒コピーして折って、ホッチキスで止めただけの、紙の中にひろがる世界…何気ない日常のことや社会に対しての思い、妄想、とことん追求した興味、その人なりの哲学、自分で書いた小説など、つくり手の世界や情熱が色濃く表れていました。

「市販されている雑誌でなくても、こうして個々人で表現することができるんだ」「それぞれが自分の大切にしたいことやおもしろいと思うことを発信できるんだ」「こんなふうにカフェや雑貨店に置いてもらえて、誰かに手にしてもらえ、交流がうまれるんだ」と衝撃を受け、自分でも発行してみようと思ったんです。

大学時代は「れもんのき」というフリーペーパーをつくっていました。当時は新聞記者か雑誌ライターをめざしていましたし、ギャラリーで知り合ったデザイナーの方に手伝ってもらえることになったので、表紙はイラストレーターやフォトグラファーの方にお願いしたり、特集記事や連載記事をつくったり、執筆依頼したり…など、雑誌みたいなつくりを意識していたと思います。

就職をきっかけに休刊し、今度は編集者・ライターとして、仕事でフリーペーパーや冊子などをつくるようになりました。すると、改めて個人発行のフリーペーパーがとてもまぶしく思えたんです。

誰に何を求められるわけでも、何かを決められているわけでもない、まさに「フリー=自由」でもある。自分で責任を持てるならば、自分が発信したいことを発信できます。また自分以外の誰かに向けて発信する媒体ですが、大多数に発信することを求められるマスメディアでもありません。

たった1人でいいから、届いていたらいいなあ。楽しみにしてくれている人がいたら、嬉しいなあ。と常々思ってきたので、冒頭の山田さんのお話はとても嬉しくて、勢いで書き綴ってしまったこの号。

それでは、また!

追伸:娘は山田さんの記事を読んで、「とても嬉しくなったので、21通目をつくって早く読んでほしいと思いました」とのこと。母娘で似ているなあと思います(笑)。

こもりりえ


つらつらと書き綴る!いろいろ

1.
「只本屋」には2015年から置いていただいています。設置のきっかけは、「只本屋」メンバーの岩城さんにメールでお声がけいただいたこと。当時、岩城さんは学生でしたが、現在はデザインのお仕事をしながら、「只本屋」に関わっておられるとのことで、この3年という歳月の重みを感じます。「只本屋」にはいつも郵送でフリーペーパーを届けていますが、2016年に娘と一緒にたずねて行きました。その日のことを書き綴ったブログがこちら↓
https://freepaperloopdrawing.blogspot.com/2016/09/in_24.html

行く途中、道に迷い、陶器屋さんで道を教えてもらいました。「あのあたりは観光客が多くて、道をたずねられることも多いのだろうなあ」「仕事中に申し訳なかったなあ」と帰りに立ち寄って、娘のお茶碗を買うことに。とても繊細で美しい清水焼のお茶碗と出会いました。娘が使うのを見るたび、その日のことを思い出します。

2.
フリーペーパーをつくってみようという想いのきっかけをくれた雑貨店&カフェ「クルール」。この十数年うかがえていないので、このフリーペーパーを持って行ってみようと思います。

いったん、フリーペーパーづくりをやめた後、再びフリーペーパーをつくりたいという気持ちが膨らんだのは、仕事であるまちの人権啓発冊子制作に携わったことも大きかったかもしれません。

その中で、子どもの虐待や女性の人権、障害のある人のこと、被差別部落のことについて、当事者や関係者にお話を聞く機会があって、その方々もおっしゃっていたのですが、それぞれ異なる問題ではあるけれど、根幹にあるのは「相手のことを想像する」「自分が嫌な事を相手にしない」「自分も他人も大事にする」など、とてもシンプルなことではないか。

でも、そのシンプルなことほど難しい。毎日の中で「近所の人に挨拶をする」「小学生と顔見知りになる」「最近連絡をとっていない友だちに連絡してみる」など、小さなことを積み重ねていくことが大切なのではと思いました。

一人ひとりが目の前にいる人に対してそう接していったら、誰かの心が救われたり、SOSに気づきやすくなったり、出しやすくなったりするかもしれないとも。そういうことを共有できればとの想いで、書き綴っています。

3.
娘の絵を掲載するようになったのは5通目、娘が5歳の時からです。最初から「娘と一緒に」と思ってつくりはじめたわけではありません。娘の絵を掲載したら楽しい雰囲気になるなあと思いついたことがはじまりです。改めて考えると、今の私が感じたり思ったり考えたりすることは、娘がいるからこそ。だから、「最初から一緒につくっていたんだ」と思い至りました。

↑ 娘、5歳の時の絵


↑ この子は「はあとちゃん」。当時、娘がよく描いていました。

ーーーーーー

娘コーナー!



冒頭の一文は、娘がパソコンでローマ字打ち。ローマ字表を見ながら、20分かけて打ちました。プリクラの中に人が閉じ込められるというホラー。娘、こわい話が大好きです。こわがりなのに、こわい話が好き…こわがり…なのに。

ーーーーー

自己紹介コーナー!



ーーーーー

当たり!として、何枚かの割合でこっそりくっつけていた「おまけフリぺ」
※クリックしていただいたら、大きく表示されます。

「紙とペン(+自分と伝えたい相手)があれば、フリーペーパーをつくれる!」と思い立ち、旅先の喫茶店&新幹線でB5両面のフリーペーパーを娘とつくりました。

21通目のこのフリーペーパーで、娘が「行ってみたい」と話していると書いた「原宿」へ。昨年は仕事が忙しいを理由に、娘とおでかけの時間をあまり持てなかったので、思いきって「娘が行ってみたい」ところに行ってきました。





【サマーカード2019①】スイカ型抜き親展カード

今年見つけたサマーカードをいくつか紹介します。

昨年もコラム「おてがみじかん」で紹介した「スイカ型抜き親展カード」(サンリオ https://www.sanrio.co.jp/)。


やっぱり、このインパクトは楽しい!! 一目見て、びっくり。まるごと、スイカ! 皮の右上のテカテカ光っている部分など、平面ながら立体にも見えてきそうです。

皮をめくると、種入りの真っ赤な果肉が。スイカをそのまま、ポストカードにしてしまったようなインパクトです。メッセージは果肉部分に書けるようになっています。


サマーカードで「お元気ですか?」を贈ろう
https://www.kansai-woman.net/Column201232.html

20通目




こんにちは。お元気ですか?
どんな毎日をお過ごしでしょうか。

私も、娘も、元気にしています。

先日、取材講座の講師をする機会がありました。ライターとして13年ほど仕事をしてきた中で、さまざまな方々に教えていただいたことや日々取材する中で気づいたことを話し、その後、参加者同士で取材体験を。2時間ほどの講座で、取材について話す時間は50分ほどでしたが、その部分も含め、始まりから終わりの挨拶まで、事細かにセリフを書き込んだ台本を作成しました。

そもそも私は、しゃべってのコミュニケーションが苦手だから、書くコミュニケーションを選んでいるのだと、最近思うんです。めちゃくちゃ緊張しますし、何より自分の口から出る言葉と想いの不一致感に落ち込むことも。こういった講座をする時は、「ここまで台本に書く!?」と自分でもつっこみたくなるくらい、細かくセリフを書きます。

書き上げたら、その内容を自分の中に定着させて、自分の身体になじんだ言葉になるよう、何度も読み込みます。想像の中で、私は漫画「ガラスの仮面」の主人公・北島マヤ(憑依型の演技派女優)。ガラスの仮面を被り、もう1人の自分を演じるような気持ちです。

そんな必死な私を、10歳の娘はくすくす笑いながら見ていました。娘から見ても、よほどの大根役者ぶりだったのか…途中からは、台本を覗き込み、監督ばりに「『ここは○○しました』がいいんじゃない?」「ここはこっちを先にしたほうがいいんじゃない?」とアドバイスが。

内容にも興味を持ってくれたらしく、突然「お母さんのことを取材するわ」と、取材ごっこが始まったわけです(クリックすると、拡大できます)。




「好きな音楽は?」「好きなお菓子は?」「好きな果物は?」・・・など、若い頃は聞かれたことがありますが、最近はあまり問いかけられない質問が次々と。少し考え込む内容だから、「そういえば、私」と娘の問いかけによって気づけた「自分」がありました。

取材講座でも、参加された方が「自己紹介より、取材し合うほうが、相手のことがより見えてくると思った」と話されていました。

自分で知ることのできる自分は限られますし、その多くは現在進行形の自分ではなく、「こうだった」過去の自分であることもあります。

人それぞれ、違うからこそ、気づけることも、引き出せることも、さまざまです。自分とは違う、「相手」がいてくれることで見えてくるものがあります。「相手」によっても、自分の見え方は異なるんですね。

取材でも、「自分やそのほかの人たちと、この人の違いはなんだろう」を掘り下げて、「この人だからこその、メッセージ、根本にある経験や想い」などをうかがうことを大切にしています。

話は戻って、娘と私の話。

私たちはよく、「趣味も、センスも、あわへんからな」と笑い合います。洋服やブローチ、お手紙アイテム選びなどでも、お互いに「いい!」と思うものが違っているからです。

「なんで、それなん?」「何セレクト?」「その組み合わせ、ないわ~」とつっこみを入れながら、「それ、なかなかええやん」と発見したり、「そんな魅力もあるんや!」と気づいたりできることもあるんだと、娘との関係性から教わりました。購入するとなると、小競り合いすることもあるんですが(笑)。

「好きなものが似ている」「同じだね」も、もちろん楽しい。でも、「似ているね」「同じだね」でわかった気になって、満足してしまうこともしばしば。そうではなくて、同じでも、似ていても、どこが違っているのか…その違いも楽しみたいなあ、と。

最近、そんなことを考えていました。

どんな毎日をお過ごしですか?
どんなことを考えていますか?




おまけ
このフリーペーパーの内容に関連して、
2019年の年賀状ではこんなことを書きました。
(クリックすると、拡大できます)


●.。o○o.。o○o.●.。o○o.。o○o.●.。o○o.。o○o.●.。o○o.。o.●.。

フリーペーパー『えんを描く』って?

日々、さまざまなニュースを見ながら、つらくなったりかなしくなったり。なんでこんなことが起こるんだろうと思うことがあります。この現実を変えるほどのことはできないけれど、「近所の人に挨拶する」「最近、連絡をとっていない友だちにメールを送ってみる」など日常のささやかなことからつながっていくものがあるのではないかと思いました。近所の人に挨拶していたら、おじさんが「あんたが挨拶してくれるだけで嬉しいわ」とお寿司をおすそわけしてくれたり、おばさんから「家の電球を換えるの、手伝ってくれへん?」と頼まれたり。一人ひとりが目の前にいる人にそうしていったら、世界はどうなるでしょう。そんなことを考えながら、10歳の娘と一緒につくっています。

【おてがみぃと】年に一度、春に。1年後の自分にお手紙を書こう! 2018


誰かに向けて、お手紙を書く時間は、相手を想うと同時に、自分を想うことにもつながります。他の誰でもない、「わたし」が主語で、相手に向けて書きつづる文章だから。

お手紙を書くことで、「わたし」が今、感じたり思ったり考えたりしていることを思い出して。誰かと一緒に書くことで、さらなるコミュニケーションを楽しみたい!

そんな想いから「おてがみぃと」をはじめました。


お手紙の書き方講座ではありません。時々、集まって、おしゃべりしたり、お手紙を書きたくなる+αを楽しんだりして、お手紙を書く時間を楽しむ会です。

―――――

第13回目を2018年4月21日(土)に開催しました。参加者はかずえさん、ゆきさん、ゆうなさんです。

お手紙を書く前に、参加者同士で交流しながら、尼崎・武庫之荘にある「大井戸公園」でおさんぽ。1人でさんぽするのも楽しいですが、誰かと一緒だからこそ、気づけることもあって、自分の視点が変わるようです。



「あそこに、花が咲いている」「あれは何?」「この花は○○」「子どもの頃に・・・」など、会話をしながら。まるで宝探しをしているような、わくわくする感じがしました。


o○o.●.。o○o.。o○o.●.。o○o.。o.●.。

おさんぽで見つけた

今年は桜やチューリップといった花々が
咲く時期が早かったからか。
まだ4月中旬なのに、
木々の緑がまぶしい、まるで初夏のような雰囲気。


(ゆうなさんに撮っていただいた一枚)

「もう花は咲いていないかなあ~」と思っていたら、
緑の中で優雅に咲く薔薇が、ちらほら。

スブニール ドゥ アンネ フランク
うらら
ニコロ・バガニーニ
・・・というのは、薔薇の名前。

「ニコロ・バガニーニは作曲家の名前」と教えてくれたのは
ゆきさんでした。




ふっくら膨らんだ蕾。
もうすぐ、咲くんだろうなあと想像しました。

この「大井戸公園」は薔薇園としても有名です。
約130種類、2000本が咲くとのこと。


そのほかにも、
こんなにさまざまなお花があるんだと思いました。

こでまり


ハナニラ?


ツルニチニチソウ


やまぶき


黄菖蒲(きしょうぶ)


ウバメガシ?


これは何か、調べてもわからず。


ハナミズキ


カンザン


タニウツギ


木蓮


アジュガ?


そのほかにも、
たんぽぽ、カタバミなども。
さまざまなお花がありますね。

アオスジアゲハ(蝶)が
花のそばで飛んでいるのを見かけました。

おまけのこの一枚。
よ~く見てみてください。
「おやっ?」と思うことはありませんか?


私にとって、
コンクリートの上にいるイメージの強い鳩が
木の枝にたくさん止まっていました。

この日はなかなか暑かったので、
涼んでいたのでしょうか?
それとも、何か理由が?

o○o.●.。o○o.。o○o.●.。o○o.。o.●.。


この後、「カフェぷろぽ」へ。

お手紙を書く前に、おやつタイム・・・ならぬ、今回は&ランチタイムを。私はアイスカフェオーレと日替わりケーキの抹茶のケーキをいただきました。


今回のテーマは「1年後・・・2019年の自分」にお手紙を書くことです。

いきなり「1年後の自分へ」といっても難しいので、「2017年4月~2018年4月の思い出」「仕事や活動など」「いまのわたしをイメージして浮かぶ、コトバいろイロ」「これからやりたいこと」などを記入するワークシートを用意しました。

記入しながら、過去の1年を振り返り、現在を見つめ、未来に思いを馳せます。

書いてみて、思い出せるのは比較的、最近のことばかりだなあと思いました。「1年、いろいろあったなあ」と思うのですが、ついつい「いろいろ」という表現でまるっとまとめてしまいがち。その「いろいろ」を、「こんなこと」「あんなこと」と一言でも言葉として残しておくことは大切なのかもと改めて思いました。

また、書き出していると、ある特定のワードをたくさん書き綴っていることも発見。私にとって、重要なことになっているのだなあと気づきました。

1年、2年、3年・・・と積み重ねていくと、さらに点と点がつながっていくのを感じられるかもしれません。その点のまわりには、自分自身のその時々の状況や想い、さまざまな人との出会い、つながりも見えて、そんな一つひとつを大切に思い出せるのだろうなあと思います。


ワークシートが記入できたら、自由にお手紙を書き綴ります。

せっかく、今日という日を一緒に過ごしたので、お互いにお手紙を書き合いっこして、それも同封。1年後のお楽しみです。

今日書いたお手紙は私が預かって、2019年4月に投函します。

今回もいいおてがみじかんを過ごすことができました。一緒に過ごしてくださったかずえさん、ゆきさん、ゆうなさん、ありがとうございました。

最後に全員でぱしゃり! 「カフェぷろぽ」の店主さんに撮っていただきました。


次回は2018年6月に開催予定です。WEBサイト『関西ウーマン』『おてがみぃと』フェイスブックページでお知らせします。

【旅先で楽しむお手紙】旅先から思い出を贈り合う


ここは、どこでしょうか?
バックのお城と、この2枚のご当地フォルムカードがヒントです。

関西ウーマンでの連載コラム「おてがみじかん」でインタビューした「おてがみびと」の大原奈津子さん。大原さんの旅先でのお手紙の楽しみ方に刺激を受けて、郵便局でご当地フォルムカードを購入しました。

◎大原さんのお話
https://www.kansai-woman.net/Column201227.html

答えは・・・
「和歌山県」でした。

和歌山県には9種類のご当地フォルムカードがあり、私は「柿」「クジラ」「梅干し」「ジャイアントパンダ」を購入しました。


◎和歌山県 ご当地フォルムカード一覧
https://www.postacollect.com/gotochi/area24/

最初は「ご当地フォルムカードを集めようか」だったのですが、「せっかくだから、お互いにお手紙を書き合おう」と。小学生の娘とお手紙を書き合いっこ。和歌山県から投函してきました。


娘から私へ


旅が楽しかったから、もう未来の話を。


私から娘へ


未来にこのお手紙を読み返した時、
「そういえば、こうだったなあ」
「ああだったなあ」と思い出せるように、
旅に出ると決めた時からその日までの、
いろんな思い出をちりばめてみました。

非日常から日常に戻る前に、お手紙を書き合いっこした時間も、また楽しかったんです。